寝違え・首の痛み

   

こんなおなやみありませんか?

  • 何度も寝違えを繰り返している
  • うがいや目薬をさすときに顔を上に向けるのがつらい
  • 首や肩の痛みで仕事に集中できない
  • 朝起きたら首が動かせなくなってしまった
  • 寝違え痛みを早く取りたい

寝違えの原因とは?

朝起きたら首が動かない・・・後ろを向く事さえも出来なくなる、なんてことよくありますよね。

「命に関わるほどの痛みではないし、放っておけば治るだろう・・・」なんて安易に考えていたら大間違い!
放っておけばそのうちに背中まで痛くなってきて、我慢ができないほどの痛みになる恐れもあります。

寝違えは、単に首の痛みと考えられていますが、実はそれだけではありません。
寝違えは慣れない枕や高い枕、ソファーなどで変な姿勢で寝てしまった時などに多く見られる症状ですが、脇を閉じたまま横向きに寝てしまい、脇下神経(脇の内側)を圧迫したことによっても起こります。
首から肩周辺の筋肉の柔軟性が下がっている場合は、再発の恐れがあるため柔軟性を上げる施術が必要になりますし、脇下神経の圧迫で血行不良になった場合は、血行不良を解消するためのストレッチが必要です。同じ寝違えでも、原因によって治療方法は様々なのです。

寝違えたからといって、首にお薬をぬったり、湿布薬を貼ったり、サポーターを巻いたりしていたあなた・・・ 効果の期待できない対処法は、症状を悪化させるだけです。
辛い痛みを我慢せず、早めの治療をおすすめします。

寝違えは急性炎症による痛みです。
無理に動かしたりせず、早めにご来院下さい。 2、3回の治療でかなり楽になります。